シアトルに住んでいる翻訳者です。大阪、福岡、東京に住んでいました。

11年間以上日本語を勉強して、人類学学位、翻訳修士、日本語能力試験N2級取得しています。

日本語の勉強翻訳と文化について記事を書きます。日本語と英語のゲーム、ノベルなどが好きです。

ビジネス、貿易、観光、広告、創作などについて翻訳が好きです。

 

所属

JAT – Japan Association of Translators

NOTIS – Northwest Translators and Interpreters Society

SWET – Society of Writers, Editors, and Translators

Translators.jp

 

—-

日本の文化と言葉に恋をした

高校生のころ、日本語を趣味で勉強し始めてすぐに、日本へ旅行しました。それは全く普通の旅行ではなく、福岡に留学して農業用の日本語を学び、WWOOF(ウーフ:World-Wide Opportunities on Organic Farms)という有機栽培農場で働くというものでした。

その農場でのボランティアで、阿蘇国立公園に行った際、ホームステイ先の家族に触れて、日本の文化と言葉を学ぶのはなんて楽しいんだろうと気づき、翻訳者になろうと決意しました

これをきっかけに、高校卒業後にイギリスのケント大学で人類学を学び、在学中1年間、大阪の関西外国語大学に留学しました。そこで、日本語と日本の文化について勉強を続けました。卒業後、もう一度福岡に留学して日本語の学習を継続し、日本語能力試験2級に合格しました。

日本での生活

約2年間日本での留学生活を経た後、ずっと日本で生活することが私の夢になりました。

システム診断ツールを開発する米国企業に就職し、イギリスからリモートワークしていました。私のミッションは、顧客であるいすず自動車の社員と共に、日本支社を立ち上げる(設立する)ことでした。主に、エンジニアリング・プロジェクトマネージャ研修中の、ビジネス文書・技術文書やメールの翻訳を行いました。

残念ながら、経費の問題で日本支社設立には至りませんでしたが、これを機に翻訳の専門家になろうと考え、ロンドンのSOAS(School of African and Oriental Studies)で翻訳修士を取得しました。

日本語とフリーランス翻訳

趣味で4年間以上日本語を教えております、その一環として「Japanese Talk Online」というサイトを作りました。サイトだけではなく、Memriseの日本語コースを作成し、2万人以上の人に使ってもらっています。

現在、フリーランスの日英翻訳者として活動しています。社内の技術翻訳者として貴重な経験をした後、様々なお客様やテーマを扱うことができるフリーランス翻訳者の魅力に気がつきました。

翻訳は、ただ言葉を変換する仕事ではありません。翻訳は、人々が互恵の関係を深めていくことだと考えています。そのような関係性を構築し、最高の翻訳を適切な価格で提供するために、コミュニケーションを重要視しております。